ワーキングプアの実態

賃金構造基本統計調査から計算してみたら、収入が200万円以下の人口は、約1,069万人となりました。

働く貧困層とも言われるワーキングプアの定義を調べてみたら、正社員でもギリギリの生活も困難な人とか、
拘束時間が長い派遣社員とか、生活保護の水準以下の収入しかもらえない社員、契約社員がワーキングプアと言われています。

交差点の車両

ワーキングプアの男女別の年収を詳しく調べてみたら、年収200万円未満の男性は、全体の約10%、女性は全体約40%が200万円未満。

仮に年収が200万円だった場合の手取り額は月額で約15万円、
150万円だった場合は、手取りで月約11万円、
100万円だった場合は、手取りで月約9万円、
100万円以下の場合は月9万円以下で、
いずれも過酷な生活になっているみたい。

ワーキングプアの人たちは昇進もなく、ボーナスもなく、時給も上がらない場合が多いみたいで、パートタイマーの場合は昇給があっても10円程度という話が多いみたい。

上記のような状況では30~50代での年収の上昇率はほぼ無いに等しいという事が予想出来る。

最近では高学歴ワーキングプア、高学歴ニートと呼ばれる人たちが増加していて、原因は色々ありますが、口コミをまとめてみると、エリート企業を狙い失敗したとか、弁護士など難易度の高い司法試験に失敗しニートになった!という人が多いみたい。

そして一度はまってしまうと、収入が上がる事はなく、ギリギリの生活で将来性も見込めないので社会問題になっています。

男として、そういう状況ってつらいね!それでも、我々に夢を与えてくれるのは渡辺舞さん。いつも渡辺舞のインタビュー記事を読んで、明日も頑張ろうって励まされて、そんな気がする。

現実は厳しいかもしれないけど、めげずに頑張るもの男だ!現実に負けるな!なんぐるないさぁー



Copyright © こころもブログもオーペン All right reserved. Design: Supermodne.