美的感覚は人それぞれ

美的感覚って人それぞれだとは思うんだけど、人種とか住んでる地域とかでも、美的感覚って違うと思う。

たまにバラエティ番組とかで、日本ではイケメンとか美女と言われている人と、そうでもない人をボードに写真を載せて見せた時に。

日本ではモテそうもない人がアフリカではイケメンと言われたり、そういう美意識の違いを楽しむ番組とかがたまにやっている。

蓮の池

そもそもその国々で、モテる人の基準が違うみたいなんだよねー

日本人って鼻がカッコいいとか、鼻が低いとか、そういうのを気にする人がいる。
でも海外だと、逆にみんな鼻が高いので、それを日本人が見たら当然。

良いなーって褒めると思うんだけど、それがもしかしたら褒め言葉にとられなくて、逆にけなされているってなるかもしれないっていうんだよねー

ちょっと意味が分からないけど、文化の違いで考え方も違うって事なのかな??って思う。

例えば、外国の人って顔が小さくて人形みたいに綺麗な人っていると思うんだけど、そういう人を見て「顔が小さい!」とか「フランス人形みたい!」なんて言うと、外国の人は「顔が小さい=頭が小さい=脳みそが小さい」って取るみたいって聞いたことがある。

あとは「人形みたい」も「人形みたいに中身が空っぽ」なんて取るみたいです。

日本人でも「こけしみたい!」なんて言われたら喜ぶ人はほぼいないよね?

そう考えれば、俺は人並みに、やはり誰見ても美人の子がタイプ。それってやはり面食いよね。そういう事みたいだ。



Copyright © こころもブログもオーペン All right reserved. Design: Supermodne.